プロ技道場

【プロ技道場】里崎智也師匠 ブロッキング編

2016.08.08

【プロ技道場】里崎智也師匠 ブロッキング編

 

少しの遅れも許されないブロッキング。
地面と太ももが水平になる理想的な構えをしていると、素早くブロッキングの体制を作ることができる。また、その際身体が底辺の長い二等辺三角形のカタチになるため、幅広い面でボールに対応できる。さらに、素早く重心を下げて構えることによりボールの勢いを吸収でき、大きく弾くことも少なくなるのだ。

足の向きはハの字で構えているので、左右に動きやすく、足抜きがしやすい。逸れたボールに対しても俊敏に対応できるので、どんなボールに対しても安定感のある二等辺三角形がしっかりブロックしてくれるだろう。

blocking1

底辺が長く、身体が幅の広い二等辺三角形になる。この体制を
作るコツは地面と太ももを水平にする構えに隠されている。

blocking2

底辺が短く、身体が幅の狭い二等辺三角形になる。この体
制はボールを弾きやすく、足抜きも困難になってしまう。